一生のパートナー選び

理想の相手を見つけたい

ハート

結婚は男女が互いを永遠に愛することを誓うものです。当然ながら結婚相手を選ぶときには慎重に、かつ自分が満足いく相手を見つけたいと思う人がほとんどでしょう。とはいえ、仕事や収入、家族構成や食事の好き嫌いなど、お互いが生活していく上でチェックしたいポイントはさまざま。結婚相手の選び方として着目したいポイントは大きく分けて3つあるといえるでしょう。まず1番目にあげられるのは自分との相性。人間誰しもこだわりがあるもの、休日の過ごし方や食の好み、お金の使いかたなど好みは多岐にわたります。相手が自分を受け入れてくれるかはもちろん、相手の好みや趣味を自分が受け入れられるかどうかも結婚相手の選び方・選ぶ基準としては重要です。2番目にあげられるのは家族同士の相性です。結婚は当人同士が行うものですが、家と家との結びつきは切っても切れません。お互いの両親や親族とうまくやっていけるかどうかも見極めておくべきポイントでしょう。幼少期にどんな教育を受けてきたか、親のエピソードなどを聞くのも良いですし、顔合わせの時に直接話してみてチェックするという選び方も良いといえます。3番目には相手を尊敬できるかどうかがポイントとなります。結婚相手には恋愛感情だけでなく、尊敬できる部分も必要。年収や職業など、いわゆるスペックを重視する選び方では相手の人格まで網羅するのは難しいでしょう。お互いが衝突した時や大きな壁にぶつかった時、二人で協力したり話し合うことになりますが、そのときには互いを尊重・尊敬し合えるかどうかで、乗り越えられるかが決まると言っても過言ではないといえます。

アピールの仕方

メンズとレディ

社内恋愛とは、同じ職場で働いている物どうしで恋愛をすることを言います。出会いの少ない社会人は、社内恋愛をきっかけに交際へ発展し結婚したというパターンも多いほどです。さて、社内恋愛の相手へのアプローチ方法は、とにかく仕事をきっちり行う、ということです。仕事上で、使える人、出来る人という印象を与えることが出来れば、プライベートの印象も良くなります。特に社内恋愛の相手が上司や先輩であった場合、仕事上の信頼も得ることが出来ますので、相手にかなりアプローチ出来ます。また、仕事上の分からないところなどは全てその人に聞いてみる、というのもアプローチ方法の一つです。質問をしに頻繁に行けば、自分に気があるのかな、と相手は思います。同時にそのときに、相手の目をじっと見つめてみるなどの行為もしてみましょう。目を見つめられるという行為は、相手が好意を持っていると受け止められるものです。そうすることで相手に気があるということを気づかせることが出来、意識するようになるかもしれません。また、飲み会で必ず隣の席に座る、仕事を褒める、などもアプローチの方法の一つです。社内恋愛は、同じ職場の同僚に気づかれたくない、というパターンも多いので、やりすぎるのは禁物です。適度な節度を守ってアプローチすることで、ドキドキ感も味わえて、相手と良い関係へ発展するかもしれません。上手にアプローチして、意中の相手をゲットしましょう。

自己紹介をチェックする

女性

不特定多数の異性と知り合う好機があるとしたら、やはり合コンという飲み会になるでしょう。企業が運営する多人数参加のものもあれば、素人が幹事を務める少人数の場合もあります。どちらを選ぶかは参加者当人の持つスペックにもよりますが、シャイな性格で初対面の異性には緊張してしまうのなら友人が幹事を務める少人数の方をお勧めします。何故ならば多人数の合コンでは細やかな対応が期待できないので、緊張しやすい性格の人にはハードルが高いからです。友人が幹事を務める少人数の合コンならば、事前に参加者のチェックも可能なので対応策を案じやすいという利点があります。初対面の人間同士が知り合える合コンという場は、知り合うことが目的なのですから各自がそれぞれに面白そうな話題を用意してくることが想定されるのです。異性が興味を持ちそうな話題を事前に用意しておけば、シャイな人でもそれなりに対応でき良い印象を与えることができるでしょう。しかし参加者の情報を完全に網羅出来るかというと、それが難しい場合があります。例えばタイプの異性が突然参加したとしたら、事前に情報を入手出来ていないので相応しい話題を思いつけないといったこともあるでしょう。そんな不意をつく出来事でも、タイプの異性を惹きつけるのは頑張るしかないのです。一番肝心なのは最初に行うであろう、自己紹介のシーンであることを念頭に入れておきましょう。通常であれば、名前と出身地や趣味などを言ってくるでしょう。この時に発する情報を確りと、頭に入れておくのが後々の話題作りに役立ってくれます。例えば出身地が同じかあるいは近い場所であったら、それだけでも盛り上がれるのです。もちろん自分自身の自己紹介時に恥ずかしいからといってモジモジしたりおたつくのは厳禁で、短めにまとめた自己紹介が好感を得られるコツになります。

職場という場所の特徴

カップル

社内恋愛には多くのメリットがあります。毎日会えたり、アプローチしやすかったりなどが代表的でしょう。話題に困らないですし、仕事も楽しくなるものですが、仕事は仕事と割り切ることも重要です。

もっと読む

一生のパートナー選び

ハート

何十年という期間をともに過ごす結婚相手の選び方は3つのポイントに分けられるでしょう。お互いの相性、家同士の相性、そして互いを尊重し尊敬できるかどうかは重要なポイント。様々なことを乗り越えるためにも、互いに幸せに暮らすためにもチェックしたい部分です。

もっと読む

諦めることも相手のため

風船

同じ会社に勤めていれば、既婚者と恋に落ちることも珍しくないと思います。しかし、既婚者との社内恋愛はリスクが高く、相手も自分も傷ついて終わるケースが少なくありません。そうなる前に手を引くことが一番ですが、どうしてもそうはいかないのが恋愛です。そんな時はもっと自分を客観的に見つめてみることが大切です。

もっと読む