諦めることも相手のため

客観的になることが大切

風船

毎日顔を合わせ、同じ職場で仕事をしていれば、おのずと異性に好意を持つことは当たり前のことかもしれません。例え好意を持った人が既婚者であったとしても、人を好きになることは仕方のない事です。しかし、既婚者との社内恋愛はかなりリスクが高く、相手も自分自身も大変な苦労をしなければなりません。昔から、「障害のある恋ほど燃え上がる」なんて言葉もありますが、既婚者との社内恋愛が燃え上がるのはほぼ最初のうちだけです。そのうちお互い疲れ果て、多くの物やお金、時間を失ったことに気が付くでしょう。そうなる前に、手を引くのが無難です。それでも諦められないという方は、既婚者との社内恋愛におけるデメリットを考えてみて下さい。まず、第一に既婚者との恋愛は許されず、もし相手の配偶者に関係が知られてしまうと、多額の慰謝料を請求されることだって充分に考えられます。次に社内において不倫関係が知れ渡ると、たくさんの信頼や信用を失います。既婚者との不倫関係は一般の社内恋愛よりも噂の的にされやすいです。職場の人間関係に支障をきたすこともあるでしょう。また、これは社内恋愛に限った話ではありませんが、既婚者との恋愛は我慢の連続です。相手に配偶者がいる限り、堂々と交際することもできません。あなたや相手が辛い思いをする前に、手を引くことが一番です。それでもなかなか気持ちを抑えられないこともあると思います。それは仕方のない事です。そんな時は他の異性に目を向けてみて下さい。自分の周りには独身の異性がこんなにいる、と考えると、少し自分を客観的に見ることができるかもしれません。

現実的に考えることが大切

ハート

幸せな結婚生活を送るためには相手の選び方が大切です。それは、結婚相手によって自分自身や家族の人生が左右されることがたくさんあるからです。結婚相手の選び方次第で人生が決まるのですからよく考えることが重要です。結婚相手として重要な条件の1つに経済力が挙げられます。安定した職業に就いていて収入があるということは家庭生活を営むうえで重要なポイントです。また、相手と金銭感覚が近いことも大事です。収入があっても浪費家の相手では結婚生活が破綻してしまいます。収入が少ないのにお金がかかる趣味を持っている、ブランド品に目がない相手は避けるほうが無難です。この他の結婚相手の選び方として相手の親との同居、家族構成、生活習慣の違いなどを考慮します。特に、相手の家族の問題は結婚生活に大きく影響してきます。同居問題、介護などは事前に話し合っておくことが大切です。相手とデートした時は他人への接し方を観察します。他人への接し方で相手の性格の一面を知ることができます。また、相手の友人に会わせてもらうのも相手を知ることに繋がります。もともとは他人同士ですから価値観が違うと感じることは多いでしょう。しかし、価値観を近づけていくことはできますから、お互いに努力できる結婚相手を選ぶようにしましょう。恋愛相手は感情が優先しますが、結婚はお金や家族の問題が絡んできますので現実を直視することが重要です。結婚相手の選び方には様々なポイントがありますから、しっかりと観察したいものです。

注意点と長続きの方法

男の人と女の人

社内恋愛をするには、まず相手に好きということを気づかせる必要があります。アプローチの方法としては、目が合うように見つめ続ける、仕事の悩みや相談を多めにする、飲み会などで隣に座る、などです。ある程度積極的にアプローチしたほうが、社内恋愛は成就しやすい傾向にありますので、頑張りましょう。そして晴れて成功してカップルになったあとも、気を付けなくてはならないことはいくつかあります。まず、他の人からのアプローチです。社内恋愛は、他の仕事関係者に秘密にしているというパターンが多く、付き合いを知らない第三者からアプローチを受けてしまうことも考えられます。そのようなときは、しっかりと断りをいれ、場合によっては既に社内恋愛しているということを打ち明けましょう。また、社内恋愛を長続きさせるには、嫉妬の気持ちを抑えることが大切です。特に女性に多く観られますが、相手が仕事上で話している他の人に嫉妬したりしてしまうのはNG行為です。仕事は仕事と割りきって大人の対応を心がけることで、長続きしやすくなります。また同じように、相手の仕事のことを理解し支えてあげる、という姿勢を崩さないのも、長続きの秘訣です。また、相手が上司の場合には、仕事とプライベートのけじめをきちんとつけて過ごすということも重要となります。社内恋愛で、結婚に至るというカップルもたくさんいます。このような方法を心がけ、慎重に社内恋愛をしましょう。

職場という場所の特徴

カップル

社内恋愛には多くのメリットがあります。毎日会えたり、アプローチしやすかったりなどが代表的でしょう。話題に困らないですし、仕事も楽しくなるものですが、仕事は仕事と割り切ることも重要です。

もっと読む

一生のパートナー選び

ハート

何十年という期間をともに過ごす結婚相手の選び方は3つのポイントに分けられるでしょう。お互いの相性、家同士の相性、そして互いを尊重し尊敬できるかどうかは重要なポイント。様々なことを乗り越えるためにも、互いに幸せに暮らすためにもチェックしたい部分です。

もっと読む

諦めることも相手のため

風船

同じ会社に勤めていれば、既婚者と恋に落ちることも珍しくないと思います。しかし、既婚者との社内恋愛はリスクが高く、相手も自分も傷ついて終わるケースが少なくありません。そうなる前に手を引くことが一番ですが、どうしてもそうはいかないのが恋愛です。そんな時はもっと自分を客観的に見つめてみることが大切です。

もっと読む